痛みを和らげる食品や飲み物

普段の生活にも取り入れよう【偏頭痛を治す食べ物】

ビタミンB2

ヨーグルトや牛乳には、ビタミンB2が豊富に含まれているので、偏頭痛が起きたときに手軽に摂取できます。料理に取り入れるなら、アボカドやホウレンソウ、豚肉がおすすめです。自律神経の安定にも良いので、偏頭痛を改善するのに効果的な栄養素です。

マグネシウム

豆腐や納豆などの大豆食品や、ひじきは偏頭痛の方におすすめです。マグネシウムが不足すると、活性酸素や脂肪酸を分解する働きが悪くなるため、偏頭痛の方はマグネシウムを意識して取り入れましょう。

カフェイン(コーヒー・紅茶・緑茶)

昔から頭痛に良いとされているカフェインは、頭痛を鎮め血管を収縮する作用があると言われています。※緊張型頭痛の方は痛みがひどくなることがあるため、控えるようにしましょう。

ペパーミントハーブティー

偏頭痛の時にピッタリな飲み物があります。それは、ペパーミントのハーブティーです。ハーブティーを飲むと、膨張している血管の収縮をしてくれる働きがあります。また、自律神経を鎮めてくれるので、痛みが起きた時に飲むと最適です。

偏頭痛の疑問Q&A

偏頭痛が起こっている時に注意した方がいいことはありますか?

偏頭痛が起こっている時は、交感神経を活発にさせないようにすることが大事です。例えば、明るい場所や携帯電話の画面・テレビを見続けることや、うるさい騒音や音楽は偏頭痛を悪化する原因になります。静かで明かりの少ないところで、安静にしましょう。

はちまきを巻くと頭痛が緩和されるってホントですか?

はちまきで頭を圧迫することで、血流を停滞することができます。これにより、頭痛を緩和することができるのです。こめかみを指で圧迫することも、おすすめです。

食べ物は、なんでも食べていいですか?

偏頭痛の時は、血管の膨張を促すような食べ物は避けるようにしましょう。例えば、チョコレート・ココアです。これらの食品には、血管を膨張すると言われているポリフェノールが含まれています。また、漬物や燻製食品の摂取は血管の収縮が早くなり、血管の膨張が起こりやすくなるので注意が必要です。

いつもと違う頭痛が続いています。何かの病気でしょうか?

通常より頭痛が長期的に続いていたり、我慢できないほどの痛みが起きたりしていると注意が必要です。くも膜下出血や脳出血などの、病気が潜んでいる可能性もあります。違和感を感じたらすぐに病院へいきましょう。

寝起きで頭痛がします。なぜでしょうか?

寝起きの頭痛は、睡眠不足が大きく影響している可能性があります。しっかりした睡眠をとり、規則正しい生活をこころがけましょう。

広告募集中