偏頭痛の原因【痛みを緩和する方法】

偏頭痛から解放されたい!【サプリメントで痛みを緩和しよう】

慢性頭痛~①偏頭痛~

偏頭痛は、片方のこめかみによく症状が現れる方が多いようです。片方・両方と人によっては様々ですが、ズキズキと痛むのが偏頭痛の特徴となっています。天気が悪い時などに痛むなど、天候に左右される方がいます。また、多い人では1週間に数回の症状が出て、ひどい時には嘔吐や動くことが出来ない状態になる方もいます。

慢性頭痛~②緊張型頭痛~

頭全体を締めつけられるような痛みです。短時間で痛みがなくなる方もいますが、数日間にわたり痛み伴うこともあります。また、頭痛だけでなく、肩こり、めまい、体のだるさの症状が出る方もいるのが特徴です。緊張型頭痛は、幅広い年齢層の方にみられる頭痛で、数日続く「慢性緊張型頭痛」、時々起こる「反復性緊張型頭痛」がいます。

慢性頭痛~③群発頭痛~

他の頭痛と比べて発症する方が少ないようです。季節の変わり目になる、春や秋に頭痛の痛みが出ると毎日痛みを伴うこともあります。その期間は人によって変わりますが、長い期間だと2か月続くこともあり、その期間は「群発期」と言われています。この頭痛の特徴は、女性より男性に多くみられることです。

危険な頭痛~脳の病気等~

通常の頭痛と思っていても、それが脳の病気に関わる危険な頭痛の時もあるので注意が必要です。突然起きた激しい頭痛の場合は、「くも膜下出血」や「脳出血」などの病気の可能性もあります。我慢できない痛み・嘔吐・手や足のしびれが起きている時は、早急に病院へ行きましょう。

市販薬に頼らず偏頭痛を緩和する方法

偏頭痛に効果的なツボを押す

偏頭痛に効果のあるツボで緩和していきましょう。ツボを押すことは、痛みが起こった時に比較的簡単にできる方法です。頭のてっぺんにある「百会」というツボは偏頭痛を和らげてくれます。また、耳の後ろの骨のあたりの「完骨」も頭痛を軽減してくれるので、試してみるといいでしょう。

痛みのある箇所を冷やす

偏頭痛が起きている箇所や、首の後ろを冷やすことで偏頭痛を緩和することができます。冷やすことによって、頭の血管収縮の働きをしてくれます。※緊張型頭痛の場合は、逆に悪化することもあるので注意が必要です。

呼吸を意識する

呼吸を意識することで、頭痛の緩和につながることがあるようです。自律神経の乱れと大きくかかわっている偏頭痛は、腹式呼吸を行ない気持ちを落ち着かせることで、効果が期待できます。

サプリメントを上手に取り入れよう

現在では様々なサプリメントが販売されています。市販薬に頼らず、偏頭痛を和らげるのに効果的な食品とサプリメントを上手に取り入れてみましょう。

安静にしましょう

偏頭痛が起こってしまった時は、安静にしましょう。体を休めることはどんな体調不良の時にも効果的です。無理して悪化させてしまうより、短時間でも体を休めることをおすすめします。

偏頭痛の痛みは人それぞれです。

頭痛には色んなタイプがあるため、自分の症状に合わせて痛みを付き合っていくことが大切です。痛みのタイプによって緩和する方法も違うので、きちんと見極めていきましょう。

サプリメントを取り入れて偏頭痛知らずの生活へ!

次のページでは、様々なサプリメントの紹介をしていきます。サプリメントによって、こだわっているポイントもあるのでみていきましょう。

広告募集中